ユメ保育園

 
 
31 May 2013
Super User

代表者挨拶

ユメ小規模保育園 園長 赤松兼次

現在は、核家族化が進行し、地域との繋がりが減ってきています。地域社会との交流がなく大人に育っています。また、少子化で家庭内でも、兄弟・姉妹の上下関係環境が少なくなっています。携帯電話、インターネットの普及により、 相手の顔を見ないで、やりとりする時代になっております。このままですと、人間として、一番大切なコミュニケーション能力の低下が危惧されます。

学力でも2009年PISA調査(OECD:経済協力開発機構)の結果、日本は読解力8位、数学9位、科学5位になっています。ちなみに、上海は、すべてが1位になっています。

2013年「生徒の学習到達度調査(PISA)」、日本は数学7位、読解力4位、科学4位でした。

2009年より今回学力が向上しています。

要因としまして、全国学力・学習状況の調査実施、学習指導要領の改訂、総合的な学習の時間の効果と考えられています。

 

詰め込みの教育よりも、考えて問題解決する力が必要です。その為にも、幼児教育の重要性があります。この時期にしっかりとした人間感覚・社会感覚・自然感覚・習慣形成を身に着けましたら、子どもは自然に自立します。 

ヨコミネ式教育法は、簡単でシンプルな教育法です。子どもには、夢(ユメ)と希望の可能性があります。それを引き出すのが私達、保育に関わる人間の仕事です。しかし、ご家庭の協力なしでは、子どもは成長しません。

私たちは、幼児教育を通して
すべての家庭に笑顔と子どもたちに元気が溢れるよう
役割を果たしたいと考えています。

私たちは、すべての家庭に最大限に沿い続ける努力を惜しまず
心身ともに健康な育児を追及し、地域貢献に繋がればと考えます。

皆様のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

ユメ小規模保育園 園長 赤松兼次